Re: 少し雑談でも…

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

Poyon

なし Re: 少し雑談でも…

msg# 1.2.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/6/27 8:48 | 最終変更
Poyon  新米   投稿数: 10
縄文に限らず、どの国にも今自分が生まれたところに教えはあると思います。
けれどもまだ考古学でも証明されていないので、何事もエビデンスエビデンスの世の中で、存分に話せないのが歯痒いところなんですが、日本には何億年の教えが丸ごと残っているのは事実です♪
もちろん、今日本人として生まれている人にしか通用しないとか、そんなものではありません。
縄文は世界中に散らばって活躍中ですから、国も人種も関係ないと思います。


教えは、正解を私(←一人称)に求めず、言葉の奥の意味を自力で汲み取り気付くもの。
日本語は言霊をうむ言語なので、口伝でも大切に扱われています。ですので、パッと読むだけで、「ハイ、わかりました!」とは絶対にならないんです。何度も何度も触れる度に、何かがわかりそうなそんな感じ? 
全然関係ないときに、いきなり腑に落ちたりします。
私達は日常の中で何かの体験をし、決断をして生きていますよね? その間にも口伝の示すことは私達の中で発動しているんですよ。宇宙の摂理。


口伝を発表して下さっている方に、「あなたの仰る通りです」という感想はあり得ません。余計な言葉の一つもなく身を呈して忠実に伝えて下さっているんです。人間技とは思えませんので自動書記の力もあるのでしょうね。伝えて下さっている方の使命感たるや恐ろしいほど。


また、縄文の教えは主体をあくまでも私においています。
(宗教の場合は、主体は教祖か教団の都合においていますね)
視点が違うんです。

私が書いているのではないのに、桁違いに私の事が語られている。

宇宙の世界の話をしていないときも、大宇宙に気付く。

歴史の捉え方も変わります。


でも私達はとくにGHQの日本人骨抜き作戦絶賛実効中なので、洗脳が激しく、教えを「わからない」と思ってしまうんです。
わからないはずが無いんですよね。自分の事なんですから。

縄文の口伝では知識は自己満足のコレクションだと言います。
縄文の口伝に触れるとき、持ち合わせている知識はもしかしたら、たまに邪魔になるかも知れません。

口伝の中の「蜜の教え」、これは素晴らしいですよ!
当たり前の視点から外れて自分を(自分の宇宙や大宇宙)みつめられ、驚異の事実を目の当たりにしました。私の場合は何年もかかりましたが、皆さんはそんなにかからないと思います。
分かっても分からなくても浴びるように読む事が、私にとっては、いつまで経っても寝ているような自分を起こそうとする作業の一つでもありましたから必死でした。変な言い方ですが...。


社会の嘘をどれだけ知っても覚醒出来ないですよね。それどころか下手をすれば自己解放の逆へ逆へといっちゃいます。
縄文の教えは、私がもうわかっている、知っているんだという事を思い出させてくれます。
更に、探究心を満たして使命に気づけます。


分かっても分からなくても教えに触れるというのは、魂の活動なんだろうって思います。コブラさんもそこを仰っているのかもしれません^^


縄文の教えに触れなかったとしても、素直にまんまの自分で生きられれば、素晴らしい環境にのっかって行けるとは思っています。ところが、そうは問屋が卸さないんです。カラクリがあって。イベント後でも同じ。
たかひろさんにお尋ね頂けたので、嬉しい気持ちで、思いつくまま記しました。
ありがとうございます。






投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


メインメニュー

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失